法定相続分の専門家は誰になる? - 今更ききにくい法定相続分の話

今更ききにくい法定相続分の話 > 法定相続分の専門家は誰になる?

法定相続分の専門家は誰になる?

法定相続分については個人でも確認できますが、専門家に相談したいこともあるでしょう。
そんなときは、誰が専門家になるのでしょうか?
コレを聞ける専門家は、たくさんいます。
法定相続分は遺産相続の基本中の基本ですから、遺産相続関連で相談できる多くの専門家で対応してもらえます。

たとえば、弁護士です。
弁護士は遺産相続に関して相談されることの多い専門家です。
遺産分割協議書の作成など、ごく基本的なサポートも可能ですが、よくあるのはトラブル解消のための仲介ですね。
誰が何を相続するかで、遺族間で意見が対立することも多いのが、遺産相続です。
このとき、個人間の話し合いではもう平行線で、一向に話がまとまらないときは、弁護士に間に入ってもらうといいんです。
その仲介のためにも法定相続分は基本ですから、これに詳しい弁護士は多いですよ。

このような専門家のほか、税理士も相続関連でよく依頼をされる専門家です。
専門は何といっても「税金」ですよね。
相続が起こると、故人の準確定申告や相続税の申告など、税金関連の手続きが発生することも多いです。
コレを代行してもらうため、相続に税理士は付き物なんですね。
その関係で税理士も法定相続分の基本についてはよく知っていますから、これを相談できる場合もあります。

このほか、司法書士でも対応できることが多いですね。
こちらは登記の手続きの専門家で、相続した資産の中に不動産があるときは、その登記の名前を故人のものから相続人のものへと変更する必要があります。
その関係で、税理士と並んで相続に付き物の専門家となっています。
やはり基本となる法定相続分については詳しいですから、相談できることも多いんです。

さらに言うと、行政書士やファイナンシャルプランナーなど、その他の専門家でも対応できる場合もあります。
相談できる専門家は多いので、困ったことがあれば、相続関係の相談を受け付けているこれら専門家を頼るといいですよ。
ただし、遺族間でトラブルなどが起きているときは、弁護士以外の専門家だと対応が難しくなる場合があります。
すでにトラブルが起きている中で、妥当な法定相続分を決めたいときは、弁護士に相談するといいでしょう。