孫にも法定相続分はある? - 今更ききにくい法定相続分の話

今更ききにくい法定相続分の話 > 孫にも法定相続分はある?

孫にも法定相続分はある?

遺産相続の権利が強く、法定相続分も大きくなるのは、故人の配偶者や子供など、独立後に作った家庭の方が優先されます。
では、故人の子供の子供、つまり故人からみて孫にあたる人物にも、法定相続分はあるのでしょうか?

この点ですが、条件によっては相続権があり、かなり大きな法定相続分があります。
その条件とは、相続人候補となるその子供が、故人よりも先に亡くなっていた場合です。
親が高齢者になる頃には子供もだいぶ高齢になっており、中には事故や病気で子供が先に亡くなるケースもあるでしょう。
その後、その親である人が亡くなったら、本来はその子供が相続人になるはずですよね。
しかしすでに亡くなっている方は相続人に該当せず、法定相続分もありません。
ただ、故人の子供がすでに亡くなっている場合でも、その子供にさらに子供がいる場合は、その子供へと相続権が移行します。
つまり故人の直系の子孫が孫しかいない場合、その孫が相続人に確定し、法定相続分が適用されます。

ここで適用される枠は、子供に適用されるものと同じです。
すなわち、故人の配偶者がいれば、まずその配偶者に遺産の半分が与えられますから、残った半分を孫が取得します。
孫が複数人いれば、その孫の人数で与えられた遺産を等分します。
つまり本来は相続人になるはずだった故人の子供の代役として、孫にその法定相続分がそのまま移行する形です。

このようになっていますから、孫が相続人に確定したときは、子供と同じように優先的に遺産を相続できます。
ちなみに、故人に子供が複数人おり、そのうちの子供の1人だけが亡くなっていた場合、その亡くなった子供の子供、つまり孫が、生存している故人の他の子どもと一緒に相続人に確定します。
相続人となる孫から言うと、自分の叔父や叔母と一緒に遺産相続をする形になりますね。

このように、本来なら法定相続分が与えられていた子供の方が先に亡くなっていた場合、その子供の子供にその相続権と枠が移行します。
この関係で孫が相続できる場合もあります。
これ以外のケースでは、遺言なしに孫に法定相続分はありませんので、注意してください。