兄弟姉妹にある法定相続分とは - 今更ききにくい法定相続分の話

今更ききにくい法定相続分の話 > 兄弟姉妹にある法定相続分とは

兄弟姉妹にある法定相続分とは

故人の兄弟姉妹には、法定相続分はあるんでしょうか?
直接血のつながりがある場合も多い親族で、故人ともかなり近い関係にはなりますから、その枠はちゃんとあります。
ただし、非常に限定的で、あまり大きな枠にならなかったり、そもそも枠ができなかったりするケースも多いです。

その大きな理由は、故人の兄弟姉妹自体が、あまり優先度の高くない相続人の候補者だからです。
一応候補者の一人ではあるんですが、そもそも相続人に確定しないケースも多いんですね。
もし相続人に確定しなかった場合、法定相続分はゼロです。
この枠は相続人に確定して初めて有効となるものですから、相続人に確定しなかった場合は無効です。
故人の遺産相続とは一切関係なくなります。

兄弟姉妹が相続人に確定するのは、故人に子供がおらず、両親や祖父母なども全員死亡している場合です。
簡単にいうと、兄弟姉妹以外に一切の親族がいない場合か、もしくは配偶者しか身内がいない場合のみ、故人の兄弟姉妹が相続人に確定します。

もし兄弟姉妹以外に身内がいなければ、他に相続人がいませんので、故人の遺産は兄弟姉妹がすべてを引き継ぎます。
法定相続分は遺産全体の100%となり、コレを兄弟姉妹の人数で等分します。
このときは大きな遺産相続になることも多いですね。

ただ、故人に配偶者がいる場合は別です。
法定相続分は、相続人としての優先度が高いほど大きくなる傾向があり、配偶者と故人の兄弟姉妹とで遺産を分け合う場合、配偶者が優先です。
その法定相続分は、遺産全体の75%に及びます。
兄弟姉妹は残った25%が取り分となり、これをさらにその人数に応じて等分します。
一人あたりの枠はさらに小さくなることもありますので、大きな遺産相続にはなりにくいんですね。

このように、故人の兄弟姉妹にも法定相続分はありますので、場合によっては遺産を引き継げる場合もあります。
ただ、相続人に確定すること自体が一番少ない相続人であり、枠が有効にならない場合も多いです。
他の相続人にある枠とは違う特徴も多いので、よく確認しておくといいでしょう。