子供にある法定相続分とは - 今更ききにくい法定相続分の話

今更ききにくい法定相続分の話 > 子供にある法定相続分とは

子供にある法定相続分とは

故人の子供は最優先の相続人候補で、この方が一人でもいれば、その相続の相続人として確定します。
遺産相続は遺族の生活の保障という意味合いもありますから、それが自然に達成されるよう、子供にもしっかりと法定相続分があります。

ただし気を付けたいのは、子供の人数に応じて法定相続分が分割されることです。
コレが「故人の配偶者」なら基本的に一人ですが、子供はそうとは限りませんよね。
一組の夫婦から、二人以上の子供が生まれている場合も多いでしょう。
そのようなとき、それら子供にはすべて法定相続分が平等にあります。
慣習的に長男にすべての遺産を相続させ、他の子供にはほとんど何も残さないといった形もありますが、少なくとも法定相続分についてはすべての子供に平等です。
子供が二人いれば、子供全体への法定相続分を二等分します。
これが四人なら四等分となるわけです。

子供全体にある枠は、その遺産全体か、もしくは半分となります。
故人の子供は最優先の相続人候補者ですから、子供が一人でもいれば相続人に確定です。
他に相続人が誰もいないなら、子供に故人の遺産の100%が与えられます。
子供が一人ならその一人がすべてを、そうでないなら子供の人数に応じて遺産を等分します。

ただ、故人の配偶者が生きていれば、その配偶者と子供が相続人に確定するんです。
このとき、まず遺産全体の半分は配偶者の枠となりますので、残った半分の枠を子供が分け合う形になります。

子供にある法定相続分はこのように決まっています。
相続人としての優先順位が高いだけに、遺産を相続できることも多いですが、子供一人あたりに与えられる枠は、条件次第で少なくなることもありますね。
配偶者と違って、その故人と共同で財産を築いたわけではないため、配偶者に比べると、法定相続分がやや小さくなることもあるんです。

ちなみに、ここでいう子供とは、戸籍上に故人との親子関係が記載されている子供のことです。
配偶者の連れ子など、戸籍上に故人との関係が明記されない関係の場合、法定相続分はありません。
この点に気を付けてください。