ききにくい法定相続分 - 今更ききにくい法定相続分の話

今更ききにくい法定相続分の話 > ききにくい法定相続分

ききにくい法定相続分

image

相続の手続きを色々と進める上で、必ずといっても良いほどに遭遇するのが「法定相続分」です。法定相続分についてきっちり把握しておかなければ、手続きの遅れが生じてしまい大きなトラブルを招いてしまいます。
そこで、今更聞きにくい法定相続分について話します。

「法定相続分とは」を説明する前に、まずは法定相続人について取り上げます。法定相続人とは、民法で決められた相続人のことです。基本的には被相続人と血縁関係にある人が該当します。ただし被相続人と血縁関係があるからとは言え、必ずしも相続人になる訳ではありません。
法定相続人には、順位がつけられています。順位が上の者がいれば、下の者は相続人として認められません。順位が上の者(第一順位)は、被相続人の子供です。ただし子供が既に亡くなっている場合は、孫・ひ孫が相続人になります。次の第二順位は父母や祖父母・第三順位が兄弟姉妹です。

法定相続人になれば、民法で財産が幾ら相続できるのかが決められています。法律で決められた財産取り分を「法定相続分」と言います。
ただし法律で相続した財産を分ける方法が決められていたとしても、必ず法律通りにしなければならないということはありません。のこされた財産がお金だけの場合なら法定相続分通りにわけられますが、土地や建物が財産に含まれていれば均等にわけることは不可能です。相続した財産をどうわけるかについては、相続人同士の話し合いで決められます。法定相続分通りに財産がわけられるのは、遺言書がない場合などです。

法定相続分は、相続順位で決められています。例えば被相続人に子供がおらず配偶者が1人しかいない場合は、配偶者が全て財産を相続することになります。ただし被相続人に兄弟がいた場合、配偶者に3/4・兄弟達に1/4の財産が振り分けられます。被相続人に父親と母親がいれば、配偶者に1/3・父親と母親にはそれぞれ1/6ずつ相続することになります。
また被相続人に子供がいた場合、配偶者には1/2・子供にも1/2の財産が相続されます。子供が2人いる場合は、配偶者に1/2・子供にはそれぞれ1/4ずつ分配されます。

法定相続分のシステムは非常に複雑で、考えるだけでも頭が痛くなります。でも後になって「知らなかった」となると、手続きに遅れが出てしまいます。少しでも手続きが遅れてしまうと、変なトラブルに巻き込まれるので要注意です。
今からでも遅くはないので、法定相続分についてしっかり把握しておいて下さい。